給湯器の交換の費用と相場について

給湯器の交換の費用と相場について

MENU
RSS

給湯器交換の費用や相場について

給湯器を交換する際、気になるのはその費用ではないでしょうか。もちろん、メーカーや販売業者によっても値段が変わってくるものですが、「給湯器ってこんなに高いものなの?」と驚かれる方も結構いらっしゃいます。この記事では、給湯器の交換に必要な費用についてご説明していきます。

 

給湯器を変えたいと思った時、大抵の人が給湯器本体の仕様と価格を最初に調べるのではないでしょうか。給湯器といっても様々なタイプがたくさんあります。「1分間に何リットルの給湯能力があるのか?」「省エネ性の高いものにするか?」「お風呂に追い焚き機能を付けるか?」など、こういった仕様の違いにより値段も変わってきます。

 

例えば、お風呂の追い炊き機能や暖房としての基本的な機能を備えていて、かつリモコンがついているタイプの場合、14〜27万くらいの値段の開きがあります。お風呂の追い炊き機能や暖房機能のないタイプの場合、5〜15万くらいのものもあります。当然のことではありますが、機能が充実していればそれだけ値段も高めになってきます。

 

同じ給湯器であっても、販売業者や給湯器のタイプにより、数万円もの差が出てくることもありますので、複数の販売業者に見積もりを依頼するとよいでしょう。

 

給湯器以外の取付工事費の内訳の例を以下に示します。

 

  • ・取付工事費
  • ・吸水結び替費
  • ・給湯結び替費
  • ・リモコン結替費
  • ・ガス結替費
  • ・出張費
  • ・廃材廃棄費
  • ・点火試験費

 

標準工事費の中に、10年保証が入っている場合もあれば、別途あんしん保証の加入が必要な場合もあります。このあたりは見積もりをとる段階で確認しておくとよいでしょう。また、老朽化による配管交換や場所変えなどの費用がかかってくる場合もあります。本体の値段も大事ですがこういった保障や工事の費用も大事ですね。

 

販売業者ごとに、値段が変わってくる理由は様々なものがありますが、その中でも給湯器の仕入れ価格があります。小さな業者になると、仕入れ価格が高くなる分、どうしても値段を高く設定せざるを得なくなってきます。一方、規模が多い業者であれば、小さな業者に比べ、何倍もの受注があるわけですから、給湯器メーカーから、安価で大量に仕入れることが可能になっています。つまり業者の規模によっても値段が変わってくるということです。単純に「安いのは不安」「高いから安心」ということは言えません。

 

以上、給湯器を交換する際に参考にしてください。